整骨院・鍼灸院|股関節の痛みなら東大前接骨院へ

【無料の企業PR広告】
■該当件数5件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次へ>
TOP > 整骨院・鍼灸院 > 東大前接骨院

股関節の痛みなら東大前接骨院へ


足の付け根が痛くなり東大前接骨院で見てもらいました。
手を使った検査や、生活習慣などを色々聞いてもらい、自分の体がどのような状態になっているかを説明してもらいました。痛みは軽くなりましたが、念のためレントゲンの検査を進められました。最寄りの整形外科で見てもらい予定です。女性にこうった痛みが多く出るらしく、足の付け根、股関節が年齢とともに変形を起こしやすい人がいるそうです。その場合はマッサージよりも積極的に筋トレをして関節の負担を減らさなければいけないのですが、あまり体重をかけるような運動はダメなケースが多いようです。
こういった話は初めて聞いたので参考になりました。その他ぎっくり腰で通っている人や、頸が痛み手がしびれる人も通っているそうです。すぐ隣の中学からもスポーツで痛めた子が結構来てました。

股関節周りの筋肉は筋膜という組織で首や背中、手の筋膜と連絡があります。足の症状でも首や手に治療を行うことで症状が改善することも多く、鍼治療のツボや経絡の考えに近いものがあります。
痛みを出にくくするためには適度な運動が欠かせませんが、こちらでは転倒予防の運動指導もやっているようで、ベットサイドや自宅の階段を使う簡単な運動を教えていました。
こういう運動を習慣とすることで寝たきりになるリスクをぐっと抑えることが出来るそうです。
例えば椅子から立ったり、座ったり、ベッドで横向けに寝て足を上にあげるなどシンプルですが、こういう運動ができなくなると日常生活が送り辛くなるとのことです。
すぐに結果が出るものではありませんが、3か月続けた人とそうでない人では歩き方が全然変わるようです。地道な努力はなんでも大切なんですね。
文京区の南北線、東大前駅にある東大前接骨院は豊富な経験のスタッフさんが対応してくれます。
足の付け根の痛みは股関節の痛みであったり腰の前に付いている腸腰筋からの痛みである可能性があります。股関節は歩行時に常に負担がかかる関節です。どちらかというと女性に多い症状で先天的に関節の形が悪い方も多いようです。生まれた時に股関節の脱臼があると成長と共に関節が変形を起こし手術になることもあります。東大前接骨院ではこのような股関節の痛みにも対応しております。筋肉のトレーニングや関節の可動域訓練を行うことでできるだけ股関節を長持ちさせることが大切になります。文京区の向丘や西片で接骨院を探いしているなら東大前接骨院にどうぞ。接骨院では筋肉や関節の痛みを緩和する治療を行っています。歩行をしていると股関節が痛い、股関節に音がする、なんとなく重だるい感じが股関節に出ている時は早めの治療をお勧めします。文京区の東大前駅に近い接骨院です。