おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
おすすめ情報

環境計画を持続、実現する上で重要な要素となるのは、政策領域の統合による社会の構築、国際情勢に対応した取り組み、持続可能な自然、環境の維持、形成、地域を始めとする多様な主体による行動と協働の推進です。

環境行政の究極目標は、安全の基盤が確保され、低炭素、循環、自然共生を総合的に達成する社会です 当社は環境基本理念の下、地球環境保全への取り組み方針に沿って、環境に配慮した企業活動を推進しております。
本部に環境推進科を立ち上げ、環境に関わる重要な方針や戦略、施策について、経営戦略会議にかけ承認を受け、社内に徹底しています。

また国内外の各拠点の環境部門とも連携をしながら、横断的に環境策を実施しております。 土壌・地下水汚染の調査を適切に行うには、法律および環境保全の専門的かつ広い知識を有した人材による総合的な管理が必要である。

土壌環境監理士の制度化は、環境調査、対策等に関する正しい知識、判断力を持ち、環境保全分野で社会的に信頼される人材を認定し、この分野での技術向上と発展に貢献するためである。土壌・地下水汚染の調査対策における周辺環境保全のための手法と、環境リスクの概念を理解するプロフェッショナルとして、今後活躍が期待される。